イベルメクチンの副作用|ベストケンコーで医薬品を通販

イベルメクチンの副作用

副作用が少ないといわれているイベルメクチンですが、医薬品において副作用が起こらないケースはほとんどないといえます。イベルメクチンを服用する際にも副作用が起こることはあります。

 

副作用についての研究でも1%未満の確率で重大な副作用が起こることが認められています。副作用が起こりやすいのは、服用方法を正しく守らないことがあります。イベルメクチンの摂取量や接種機関などは事前に把握しておく必要があります。

 

病院などの医療機関で処方された場合には、医師より服用の指導がありますのでその通りに行うといいでしょう。個人輸入など直接購入された場合には、服用方法の確認は特に重要です。

 

イベルメクチンは劇薬に指定されています。そのことからもお分かりいただけるが普通薬よりかは危険性が高いものに分類されています。飲み方や保管方法にまで気を付けなければいけないということです。

 

イベルメクチンの副作用の症状としては、消化器系では下痢や食欲不振。肝機能障害もまれに表れることがあります。皮膚系ではかゆみや発疹が確認されています。

 

医薬品は治療の効果だけではなく、少なからず副作用が起こるものです。個人輸入にて購入された場合は、自己責任で使用することになります。

このページの先頭へ戻る